2017年11月8日水曜日

takase個展

秋が深まり木々の葉が鮮やかに色づいたり、地面を彩ったりしていますね。


秋の展示のお知らせです。
11月18日から26日までさいたま市にあるtakaseさんにて展示会があります。
今回の展示会は僕の作品だけでなく、滋賀の近隣の仲間に協力してもらい、より楽しいものになる予定です。
会期中は暮らしの珈琲研究所、cafeshima、nöösaによるワンデイカフェの日もあります。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
古い道具や器に触れ
昔の暮らしに想いを馳せる

小さな窓から入る柔らかな光
そこに並べられた道具 雑器

自然の恵みに感謝し祈りを捧げ
共に生きていた 素朴ながら
精神性のある豊かな時代

先人達の暮らしと心に想いを向け
木の道具を製作して頂きました。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。




小倉  広太郎 「寂光」

2017.11.18.sut-11.26.sun
open 11:00-18:00 全日オープンデー
作家在廊日 11/25 11/26




展示協力 from 滋賀
はなのえん/リース
meguru/季節のはちみつ
なかお農園/ドライフルーツ
nöösa/カフェと菓子








oneday cafe at 離れ
11/18 11/19 open 11:00-18:00
暮らしの珈琲研究所
11/23 open 13:00-21:00 ナイト営業
cafeshima
11/25 11/26 11:00-18:00
nöösa









takase
住所 さいたま市緑区宮本2-19-14
















2017年9月21日木曜日

木のチカラ展

東京の九段にある暮らしのうつわ花田で木のチカラ展が開催中です。
会期は9月20日−30日まで。
木工作家によるグループ展です。
僕は定番の作品に加えて一点もののお盆等出品させていただいています。
展示会に合わせてインタビューなんかもあるのでよろしければこちらをご覧下さい。 




2017年6月5日月曜日

PLUS展

よいお天気が続いて木々や草がとても美しく見える毎日です。
展示会のお知らせです。
6月10日−18日まで大阪にあります、玄道具店さんにて三浦ナオコさんと古道具ハチミツさんと一緒に展示会をします。

とても楽しみな週末です。
僕は定番の作品を中心に出品します。
毎日作り、暮らすなかでうまれてきたものたちの佇まいをご覧いただければと思います。




以下、玄道具店さんより抜粋ー

玄道具店6月の展示は小倉広太郎PLUS三浦ナオコPLUS古道具ハチミツをたしていくPLUS展。

小 倉さんと三浦さん、それに古道具が合うのではないかと小倉さんにお話ししたは1年ちょっと前。偶然にも小倉さんは三浦さんの作品が以前から気になっていて 三浦さんのインスタか何かを見ていたとのこと。同じようにハチミツさんにお話をしたところハチミツさんも三浦さんの作品が好きでインスタフォローしていた とのこと。
知らず識らずのうちに繋がっていた3人さん。面白い展示になりそうです。

6.10土曜ー6.18日曜
11時ー18時
10土曜、小倉さん三浦さん在廊予定
期間中13火曜、14水曜はお休み


玄道具店平常営業
金、土、日、月、11時ー18時




2017年4月11日火曜日

第3回牛窓クラフト散歩

先日の京都・和知にて開催された森の展示室はたくさんの方にお越しいただきありがとうございました。天気はあまり良くありませんでしたが、皆様ゆっくりと散策されて良い時間を過ごせたのではと思います。
僕も展示の裏で地元の茶をお淹れさせていただき、ゆっくりとお話することができました。
あまりの楽しさに時間はあっという間に過ぎてゆきました。
ハタノワタルさんはじめスタッフや出展者の皆様、来場いただいたお客様には改めて御礼申し上げます。

さて、ひと息つく間もなくこの週末は岡山の牛窓にて開催される第3回牛窓クラフト散歩に参加させていただきます。
牛窓の民家の一部をお借りして、各作家がそれぞれ展示をします。
牛窓の町を散策しながら作品を楽しむことができるという、夢のようなイベントです。
皆様にお会いできることを楽しみにしております。




2017年3月28日火曜日

森の展示室

先週までの個展はたくさんのお客様にお越しいただきありがとうございました。
La maison des Legumes の素敵な空間で過ごせたことはとても嬉しいことでした。
また来年戻ってこられることを楽しみにしています。

さて、次のイベントのお知らせです。
和紙職人のハタノワタルさんにお誘いいただき、京都の和知でいつもとは少し違った展示をすることになりました。





森の展示室 https://www.morinotenjishitsu.com/

■日 時:2017年4月8日(土)9日(日) 
     10:00-17:00
     一部作品は23日まで展示をしています。(火曜日は休園です。) 

■場 所:わち山野草の森 
     〒629-1131 京都府船井郡京丹波町坂原シヨガキ5
     電話:0771-84-2041 
     火曜日休園

森の展示室は「はるいろさくらまつり」の一環として開催されます。
https://www.haruirosakura.com/
わち山野草の森には約900種類の山野草が息づいています。
桜の咲くこの季節に、山野草とアートのイベントを開催しています。
森の展示室の会場は、はるいろさくらまつりのメイン会場から徒歩で5分くらい森に歩いたあたりから広がっています。整備された森ではございますが、歩きにくいところもございますので、動きやすい服装でお越しください。
また、はるいろさくらまつりのはるいろマルシェでは、飲食の出店も多数ございます。
尚、はるいろさくらまつりでは、イベントの協力金としておひとり様300円(高校生以上)を頂いています。


■森の展示室、出展者のご紹介です。
今回の森の展示室も様々な角度から森を感じていただこうとアーティスト・陶芸家・華道家・ガラス作家・建築家・庭師・茅葺職人などなどバラエティーに富んでいます。
でも、軸は暮らしです。
その昔、人が小さな集落で森に住んでいたころ、暮らしの中に直線や平面的な要素があまりなく、ほとんどのものが有機的な形をしていました。そんなことを考えると、テーブルや什器、棚に置くことが前提としてのモノづくり以前のモノづくりはどんなものであったのかとふと考えます。
森の展示室は、「過去・未来・そして現在」を森で感じていただくことをコンセプトに制作された作品をそれぞれの作り手の感性で展示しています。
境界は木々の間。壁のない展示室です。

■出展作家は以下の通り(順不同でご紹介)。フライヤーに載っていない方もいますので、ご確認をお願いします。
詳しくはHP 
https://www.morinotenjishitsu.com/
をご確認ください。
●作家
太田良子
春分堂
市川孝
吉田和代
チプラスタヂオ
萩原桂子
片桐功敦
ハタノワタル
荒川尚也
白石陽一
熊谷峻
大橋 史人
相良 育弥
今西公彦
東亨
藤森ちかこ
小倉広太郎
アリサト工房
河合和美
のせたかおみ
京庭なる井
金子朋恵
滝沢汀
加藤直樹
中西真矢
宮内知子
Logsee
鈴木隆
●shop
アーキペラゴ
つきよみ

●お茶
囍茶
小慢(from 台湾)

●食
季節といなり・豆椿
手包みおやつ・月の温
あはひ




2017年3月11日土曜日

展示会 at La maison des Legumes

春がいよいよ近づいてきています。
土山では梅の花がようやく八分咲きです。
昨年は2月の中頃でしたから、ずいぶんと遅い気がします。

展示会のお知らせです。
3月19日(日)〜3月25日(土)まで名古屋にあるLa maison des Legumes にて展示会をさせていただきます。
今回は漆のものが多くなりそうです。
オーナーの都木さんの展示が素晴らしいので、本当に楽しみです。
僕は19日に在廊予定です。
皆様にお会いできるのを楽しみにしています。


































以下DMから転載です。

小倉広太郎 企画展 3月19日(日)〜3月25日(土)
期間中無休 初日作家在廊 open:11:30-18:00

今年で2回目を迎える
木工作家の小倉広太郎さんの企画展
マットな黒のリム皿・掛花入れ・八寸 マットな白の茶入れ
木の年輪が美しい皿など、色がないことでどんなものもモダンにしてくれます。

初日は混雑が予想されますが、当店の駐車場は4台のみとなります
お車のお客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、
住宅街の為周りにコインパーキング等もございませんので、
公共交通機関でのご来店をおすすめします。

また、遠方にお住まいで展示作品のご購入を検討されているお客様は、
期間中に限り対応させていただきますので、
お気軽にメールにてご連絡ください。

企画展中は小倉さんの作品に合わせた焼き菓子もご用意する予定です。
皆さんのご来場をお待ちしています。

2017年1月21日土曜日

2017の雪

新しい年があけて20日が過ぎようとしています。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

先日はここ土山でも雪がたくさん積もりました。
おおよそ40cmくらいは積もったでしょうか。
一歳八ヶ月の息子は家の中から嬉しそうに雪景色を眺めていましたが、
外に出すと不思議そうな顔で雪をさわっていました。

仕事は黙々と製作の日々を送っています。
3月には名古屋での個展がありますので、わくわくした気持ちと重圧と色々な感情が混ざっています。
毎回新しいチャレンジをしているので、そういったものもお見せできたらと考えています。
日程等詳しくは後日ご案内します。